スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JSUG勉強会(Cloud Foundry, Spring DM)

2009年11月20日 00:16

Spring Source 周辺の二つの話題について、実際に試した方々の話を聞くことができた。
非常に参考になった。

•「G*なクラウド ~雲のかなたに~ ショートバージョン」
山本剛 さん(ニューキャスト)
 - Cloud Foundry Grails プラグインはコマンドラインでいろいろできる
 - GaelykはGAE/J用Groovyの軽量フレームワーク
 - Gaelyk用Eclipseプロジェクト作成スクリプトを作った
 - Slim3を試す前にGaelykを試すとSlim3が分かる?

•「Springとモジュールの行方 by OSGi」
こんぴろ さん(株式会社 チェンジビジョン)
 - モジュール化は大変、「ネジ」のモジュール化には400年かかった。(熊沢先生)
 - モジュールとして「認められる」範囲を絞ればそんなに大変じゃないのでは?
 - Linked-inは2ヶ月でモジュール500~600個に分解
  (ここで言うモジュールはOSGi Bundle?)
 - どうモジュールに分けるか?→「イノベーションの差があるところで分ける」
 - ちょくちょく機能を追加するアプリに向いているかも
  (金融の新商品、旅行会社の新プラン)

•「Spring Cloudの紹介」
土岐 さん(現場指向)
 - Cloud FoundryはAmazon EC2を使っている
 - Cloud FoundryはBETA版だから無料だがEC2は課金される。
 - 中身は、Apache, tc server, MySQL, HyperichHQ, Cent OS,
  AMI(Amazon Machine Image)
 - DBの保存先はローカルとEBS(Elastic Block Store)が選べるが
  ローカルだと、AMIを停止したときに消える。
 - AMIシングルインスタンスで月$72くらい、マルチだと$360くらい

個人的にはSpring DMを使うメリットについてもっと詳しく聞きたかった。

例えばEclipseではOSGiは「Dynamic」と「Module」の両面ですごく成功していると思う。
OSGiのおかげで多くのユーザが自分に必要な機能を必要なときだけDynamicに
Moduleをロードして使える、誰にとっても軽くて高機能なIDEになっていると思う。
そういう目的のために開発のときにあえて、モジュール化するという手間を払うのは
分かるけど、一方Spring DM Serverはどんな目的があるのか?
・・・ということを後からすごく知りたくなった。
スポンサーサイト

SpringSource dm Server のサンプルを動かしてみるだけ

2008年12月31日 04:18






1.ダウンロードページのSample Aplications から取ってくる。今回はspring-travel-applicationと言うのを取ってくる。

2.zipファイルの中身は次のようになっている
 - dist
 - pre-provided
 - projects
 - readme.txt

readmeによると動作させるだけにはまず
pre-provided以下をサーバの所定の箇所にコピーする必要がある。
次に説明する。

3.bundles/以下のコピー

- Copy par-provided/bundles/* to the SERVER_HOME/repository/bundles/usr
directory.



4.libraries/以下のコピー

- Copy par-provided/libraries/* to the SERVER_HOME/repository/libraries/usr
directory.



5.parファイルのアップロード
ここだけはreadmeに書いてある手順(*)に逆らってserverのadminコンソールからアップロードしたが、正常にデプロイされ動作を確認することができた。

以上。

*readmeにはServerのpickupと言うディレクトリに放り込むように書いてあった。

*メモ
(1) 当然なのだが、最初3と4を飛ばして5だけを実行したところ、デプロイは失敗した。
(2) 3,4を実行した後サーバを再起動しないとデプロイは成功しなかった。ただ、(1)と比べてエラーメッセージが変わっていたので、3,4のどちらかは有効になっていたと思われる。多分3の方。
(3)bundlesをwebコンソールからデプロイする方法は今のところ分からない。あっても良さそうに思った。
(4)parは何の略なのか。
(5)Programers Guideはまだ詳しく読んでいない。
(6)Eclipseには4つのprojectを取り込んだ後
-Server RuntimeとしてSpringSourceを追加
-SPRING_TRAVEL_IVY_CACHE変数をprojectsのなかの/ivy-cache/repositoryにする。「Preferences -> Java -> Build Path -> Classpath Variables. 」で追加
- /org.springframework.samples.springtravel/build.xml の
 clean-integration clean jar test collect-providedを実行
 すればいいはずだが、なぜか一個だけビルドパスが解決しない・・・。

 

SpringSource dm Server を動かしてみるだけ

2008年12月31日 00:51







Spring Source dm Server は以下の記事で紹介されている通り
http://java.dzone.com/news/the-springsource-dm-server

The core libraries the dm Server uses are the Spring Framework, Apache Tomcat, OSGi R4.1, Equinox and Spring Dynamic Modules for OSGi.


・Spring Framework
・Apache Tomcat
・OSGi R4.1
・Equinox
・Spring Dynamic Modules for OSGi

で構成されている。

1.以下から springsource-dm-server-1.0.1.RELEASE.zip をダウンロードしてくる。
http://www.springsource.com/node/485

*追記:以下の2と3は単にServerを動かすだけなら不要。

2.必要かどうかは分からないがEclipse 3.4 を取ってくる。
http://www.eclipse.org/downloads/

3.さらにEclipse 3.4 にupdatesiteとして以下を登録し、インストールする。(updatesiteのURLは1.のページにある。)
http://static.springsource.com/projects/sts-dm-server/update
以下がインストールされる。
- Spring IDE
- SpringSource Tool Suite dm Server Tool

4.SpringSource dm Serve User Guideに従って、zipファイルを解凍。

5.SERVER_HOMEを設定

export SERVER_HOME=(解凍したパス)/springsource-dm-server-1.0.1.RELEASE

 

6.JAVA_HOMEを設定
MacOSだと以下のようになる。

export JAVA_HOME=/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home/



7.startup.shの実行

cd $SERVER_HOME
bin/startup.sh



8.ブラウザで接続確認
以下をブラウザで開いて"Welcome"と書かれたページが表示されればOK

http://localhost:8080/



9.admin console を開く
IDとパスワードは初期設定では以下の通り

ID: admin
Password: springsource



以上で動かすだけは終了。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。