スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JSUG勉強会(Cloud Foundry, Spring DM)

2009年11月20日 00:16

Spring Source 周辺の二つの話題について、実際に試した方々の話を聞くことができた。
非常に参考になった。

•「G*なクラウド ~雲のかなたに~ ショートバージョン」
山本剛 さん(ニューキャスト)
 - Cloud Foundry Grails プラグインはコマンドラインでいろいろできる
 - GaelykはGAE/J用Groovyの軽量フレームワーク
 - Gaelyk用Eclipseプロジェクト作成スクリプトを作った
 - Slim3を試す前にGaelykを試すとSlim3が分かる?

•「Springとモジュールの行方 by OSGi」
こんぴろ さん(株式会社 チェンジビジョン)
 - モジュール化は大変、「ネジ」のモジュール化には400年かかった。(熊沢先生)
 - モジュールとして「認められる」範囲を絞ればそんなに大変じゃないのでは?
 - Linked-inは2ヶ月でモジュール500~600個に分解
  (ここで言うモジュールはOSGi Bundle?)
 - どうモジュールに分けるか?→「イノベーションの差があるところで分ける」
 - ちょくちょく機能を追加するアプリに向いているかも
  (金融の新商品、旅行会社の新プラン)

•「Spring Cloudの紹介」
土岐 さん(現場指向)
 - Cloud FoundryはAmazon EC2を使っている
 - Cloud FoundryはBETA版だから無料だがEC2は課金される。
 - 中身は、Apache, tc server, MySQL, HyperichHQ, Cent OS,
  AMI(Amazon Machine Image)
 - DBの保存先はローカルとEBS(Elastic Block Store)が選べるが
  ローカルだと、AMIを停止したときに消える。
 - AMIシングルインスタンスで月$72くらい、マルチだと$360くらい

個人的にはSpring DMを使うメリットについてもっと詳しく聞きたかった。

例えばEclipseではOSGiは「Dynamic」と「Module」の両面ですごく成功していると思う。
OSGiのおかげで多くのユーザが自分に必要な機能を必要なときだけDynamicに
Moduleをロードして使える、誰にとっても軽くて高機能なIDEになっていると思う。
そういう目的のために開発のときにあえて、モジュール化するという手間を払うのは
分かるけど、一方Spring DM Serverはどんな目的があるのか?
・・・ということを後からすごく知りたくなった。
スポンサーサイト


コメント

  1. Re: JSUG勉強会(Cloud Foundry, Spring DM)

    Spring dm serverにはBundle Repositoryの役目もあるので、開発中、最新版のモジュール群を統合と配布役を担います。常に最新のソースコードで統合する事を推奨されることが増えましたが、すぐに隣の国のチームと作業をする時など、「直して」とお願いしてから直るまでに時間がかかる場合など、ソースコードでの統合よりも、モジュールでの統合の方が有利な場合、Bundle RepositoryのあるSpring dm serverは強力な気がしています。
    (実運用していないので、残念ながら確かではありません。)
    Spring DM自体の機能的な面では、実はOSGiの仕様の中に取りこまれていたりします。(OSGiのその仕様の参照実装(RI)はSpring DMです。)ただし、OSGiの仕様は、SpringのXMLスキーマとは全く異なるため、Springアプリケーションの移行にコストがかかります。そのため、Spring DMの役割はなくなったわけではありません。
    ちなみにSpring DMですが、EclipseのEnterprise-Module領域プロジェクトであるgeminiプロジェクトでも採用されています。そういった面でもメジャーになりつつあると思います。

  2. aoda | URL | -

    Re: Re: JSUG勉強会(Cloud Foundry, Spring DM)

    ご本人からコメントありがとうございます。ブログも拝見いたしました。
    ブログの方にも書かれてましたが、モジュールでの統合の利点のひとつとしてはデプロイして動作している場所でバージョン管理ができることもあると思います。例えば拠点の多い企業のシステムのどの拠点にどのモジュールのどのバージョンを配布しているか?なんてことを管理するのにいいかも、とも思いました。(クラウドには逆行するかもしれませんが)
    > Spring DM自体の機能的な面では、実はOSGiの仕様の中に取りこまれていたりします。
    > ちなみにSpring DMですが、EclipseのEnterprise-Module領域プロジェクトであるgeminiプロジェクトでも採用されています。
    しばらくウオッチしていなかったのですが採用は増えていたのですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aaatxt.blog57.fc2.com/tb.php/42-830c8a8f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。